海外で会社を作る方法|独立で成功しやすいのはラーメン店【色々と勉強してから始めよう】

独立で成功しやすいのはラーメン店【色々と勉強してから始めよう】

海外で会社を作る方法

メンズ

設立に関する形態を把握

インドネシアなど海外に進出する企業が多くなりましたが、特定の業種以外は視点を作ることはできないと規定されています。そのため、支店ではなく現地法人として会社を設立するのが一般的です。さらに法人を作るには外資系の株式会社か内資法人のいずれかを選択します。それぞれにっ必要な資本金や投資金額が異なるので把握しておきましょう。外資株式会社は資本金振り込みの最低金額を25億ルピア、日本円で2500万円程度としています。一方の内資法人なら1250万ルピア、日本円で12万円程度です。投資金額は外資株式会社が100億ルピア必要なのに対して、内資法人には規定を設けていません。その他にも詳細化規定があることを把握しておきましょう。

各種の手続きが煩雑

インドネシアで会社設立をするには、各種の書類提出を行って手続きをします。インドネシア大使館で認証したLetterofAppointmentなどのほかに活動計画書や管理する事務所長の履歴書、管理所長が外国人の場合にはパスポートなどの本人確認書類などを添付します。仮申請を受けてから、事務所の契約や労働許可を受けて、本許可に向けた申請が必要です。インドネシアで会社設立に関わる役所は、商業省や投資調整庁、公共事業庁などがあり、手続きだけでもかなりのボリュームになります。そこで、会社設立を効率的にするため、インドネシアでの会社設立に優れた専門家のサポートを受けるケースが多くなっています。ミスを発生することなく手配できるのが特徴でしょう。